最初は1錠25gを服用

服用方法について

もともとはダイエット専用の薬として開発されたグルコバイですが、服用する患者にインスリンの分泌を即することで、血糖値を下げることがわかり、現在では国内の病院で2型糖尿病の治療薬として処方されます。

 

服用方法に関してですが、糖尿病の治療薬として使う場合は食後に服用するのが一般的。しかし、ダイエットとして服用する場合は食前に服用することで最大限の効果を発揮してくれるそうです。

 

私は使用を始めてから1週間も立っていないために、まずは25mgからスタートしています。
販売しているお店ではグルコバイは50mgと100mgの2種類ですが、私は50mg(1錠50mg、1箱100錠)を購入し、服用するときに1錠を半分にしてから25mgにし、服用をするようにしています。

 

 

インターネットの中で、グルコバイのダイエットに関連する情報を調べると、1錠50mgを服用することで効果を発揮してくれるそうですが、最初の段階ではどうしても副作用が起こりやすいとのこと。

 

そのため、できるだけ副作用が起こらないように、まずは最初の1〜2週間、1錠25mgのグルコバイを服用し、それ以降50mgを服用していきたいと考えています。

 

なかには、グルコバイとゼニカルを使い分けている人もいるそうです。
たとえば、グルコバイは炭水化物や糖分に作用するために、甘いモノや麺類を食べるときに服用、それからゼニカルは脂質を吸収しない仕組みになっているために、肉を食べるときに服用するそうです。

 

 

まぁ、ダイエットのことを考え、色々と試すのもいいのですが、あくまでもグルコバイもゼニカルも医薬品なために、過剰に服用すると、健康を害する可能性もあるために、できることなら最低限の服用で、ダイエットにこぎつけたいものです。