糖尿病と閉経

糖尿病と閉経の関係

女性の糖尿病は40代以降に増えるそうです。
ふぇ〜、あともう少しだ、、。

 

加齢とともに、血糖値が上がりやすくなり、糖尿病を発症する人が増えるのは男女同じ、でも、女性の場合は40、50代に胸像する傾向があるとのこと。

 

糖尿病は血液の中でエネルギーを運んでいるブドウ糖の量を調節しているホルモン、インスリンの働きが悪くなり、血流の値が高くなること。

 

たとえば、家族や親族に糖尿病患者がいる、いた、とか、閉経している、とか、普通の生活をしているのに、急に体重の変化があった。

 

こんな人は要注意だそうです。

 

糖分は必要不可欠な栄養素ですが、大すぎるのは良くない、太るし、それが原因で糖尿病yになってしまいます。
多すぎることで、タンパク質と結びついて、糖化最終生成物ができ、毛細血管などの体のあまざまな組織の機能を失ってしまうわけなんです。

 

どうして女性の40代に多いかというと、これは閉経期を抑えるために、急送し、しかもバッペイ症の原因と重なるためだそうです。

 

女性ホルモンの作用によって生活習慣病の原因となる内臓脂肪がたまりにくい、内臓脂肪が適量だと、脂肪細胞からアディポネクチンやレプチンなど、インスリンの働きを改善したり、中性脂肪を抑えたりする物質がしっかり放出され、糖尿病、それから動脈硬化につながってしまう。

 

40代以降は本当に体の健康には心がけなくてはいけません。